MENU

個人が銀行で融資を受けるのと事業者が融資を受けるのとでは審査基準が異なることをご存じでしょうか?
事業者に対する融資をおこなう場合、どの銀行も審査基準を厳しく定めています。
個人に貸し付ける金額と事業者に貸し付ける金額はべらぼうな違いがありますので、事業者に融資をする場合の審査が厳しくなるのは当然かもしれません。

『日本経済回復の兆しあり、製造業における生産するほど赤字を生んでしまう状況打破、ものの価値も高まってきている』

と言ってもまだまだ事業者は資金繰りに難航している方も多いです。
資金繰りが難航しているからといって銀行が『大変そうですね。では、うちの銀行が数百万円お貸ししましょう』とすぐに借り入れを許可してくれることはありません。
大手法人会社であれば銀行の融資を受ける審査が通りやすい傾向があるかもしれませんが、中小企業に対する融資に対して各銀行とも消極的と言えます。

 

銀行が融資をしてくれないなら中小企業はやっていけない、と思われる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、安心して下さい。
中小企業の場合であれば、取引先の入金までを繋ぐ一時資金としての用途で消費者金融が融資をしてくれます。大手法人企業の借り入れ用途(事業資金としての借り入れのため)だと厳しいのですが、中小企業が一時資金として借り入れる場合はキャッシング審査を通過することができるのです。
借り入れができる金額としては数百万円単位のところが多いです。
事業者向けのキャッシングはおすすめで、を用意している消費者金融も多いので、事業者の方は一度調べてみて下さい。